憧れの結婚式・・・知っておきたいお金事情!


式を挙げるのにはどのくらい必要?

大好きな人と結婚が決まり、式を挙げよう!と式場を見て回ると、想像が膨らみますよね!式場見学のあとには、だいたいのどこの会場でも見積もりを頂きますが、その金額を見て驚いた人も多いのではないでしょうか。立地や挙式スタイルによってもその金額は変わってきますが、結婚式の費用の割合で多いのは平均200~300万です。しかし、最近では費用を安く抑えて挙式することができるプランも多く打ち出されており、安ければ5万円程度で挙げることができます。ただ、その場合には衣装や会場、設備等に様々な条件があるので、事前によく確認したほうがよいでしょう。

少しでも安く挙げたい!

実際に会場を決めてプランナーさんとの打ち合わせが始まると、自分の希望や夢が膨らみ、同時に費用も膨らむ・・・なんて事があります。少しでも費用を抑えたいけど、「招待客の食事や引出物のランクを落としたくない。」「一生に一度だから好きなドレスと着たい。」と、なかなか削りにくいですよね。そんな中で費用を抑える方法としては、なんといっても「自分たちで作れるものは自分たちで!」が鉄則です。今は写真をいれれば簡単にムービーが作れるソフトや席次表をつくれるサイトもあるので、映像系や席次表は自分たちで作ると、費用も抑えられるし、オリジナリティも出すことができます。また、当日の司会者・カメラマンを会場で契約している人をお願いするとかなりのお値段ですが、フリーの司会者やカメラマンを個人でお願いすることで、その費用を抑えることができますよ!そして、ブーケや会場装花はお願いすると楽ですが、これも他にお願いすることが出来れば、安く済む場合もあるので、時間があればじっくり探してみてくださいね。

たくさん人を呼びたいけれど損をしそう・・・

式を挙げるのに、ご祝儀をあてにしてはいけませんが、やはりご祝儀の力は偉大です。招待客の平均は65人程度。多いと100人を超えた、なんていう人も!しかし、多くの招待客を呼ぶとご祝儀はたくさんもらえるけど、損をしがちなのでは?と思ってしまいますよね。しかし、料理や引出物とは違い、挙式費用やドレスといった固定費用をより多くの人数で割ることを考えると、多くの招待客を呼ぶほうが、ご祝儀額も増え、ふたりの負担は軽くなる場合が多いのです。もちろん、会場全体の費用とのバランスを見ることが必要です。一生の記念になる結婚式にはお金もかかりますが、自分たちの希望に沿ったものをじっくり検討してくださいね!

結婚式の費用が気になる時は、念入りに情報を集めて調べましょう。ブライダルフェアに参加する方法もおすすめです。